#####

title_aid

補聴器を付けた生活

現在は、個人個人の ライフスタイル を生かして、日常生活を大きく向上させることのできる、様々な スタイル、機能 、美観 において最先端である補聴器が非常にたくさんあります。

しかし、いずれの補聴器にも共通して確実に必要とされる機能があります。その機能とは、聞きたいと思う音のみ、音量を上げることができるようになっていることです。小さい音を聞こえるようにすることもできますし、それと同時に中程度または大きい音を快適な音量にすることができるため、騒がしい環境でも静かな環境でも安心です。補聴器によりすべての問題を解決できるわけではなく、また、健康な聴力まで回復できるわけでもありません。しかし、これまでよりも良く聞こえて理解できるように増幅することを目的として、デザインされています。

補聴器は、基本的に小型増幅装置であり、構成部品は下記のとおりです。

aidimage

Motion x01 BTE – inside view Motion x01 BTE – inside view
•マイクロホン
•アンプ(ほとんどがデジタル信号処理を採用)
•小型の拡声器(レシーバー)
•アクリルまたはシリコン製のオーダーメイドのイヤモールドまたはオーダーメイド補聴器用個人毎のシェル
•電池

aid1  aid2

© Copyright 2014 メガネの美和 横浜市瀬谷区三ツ境20-7